生活

AI(人工知能)がニンゲンの仕事を奪うとか言っちゃうヒト

そうやって危機感だけを煽るヒトがいるね。でもちょっと考えればわかるというものだよ。ニンゲンの脳というある意味”神秘的”なものを、”人工的”に作った脳が超えられるわけがないのさ。

友だちと知人

きのう職場のヒトとハナシをしていたんだ。で、そのヒトのSNSの記事について、お友だち多いんですねって言ったら、「多くないですよ」って返されたのだけれど、かんがえてみたら、友だちいない自分基準でいっていたなと。

どうせ死ぬならせめて

職場でボーナスが出たんだけどさ、明細見てガクゼンとしたよ。支給額はいいとして、引かれた年金に。あんた8分の1は取ってるじゃないか!みたいなさ。多くもらっている人の8分の1なんてはした金だろうけど、少ない人には大きいのよ8分の1は。

山の日ができた理由【お盆休み】

この時期、ニュースを眺めていると、お盆休みの帰省ラッシュについて伝えている。夏の風物詩というヤツであろう。ある調査では、20代から50代までのヒトで、お盆に3連休以上とるヒトの割合は85%におよぶ。

持っているのはガラケー【ちかごろのおサイフ事情について】

持っている携帯電話が、ガラケーなのである(写真のヤツ)。とりあえず不便はかんじていない。最低限、TwitterとFacebookにLINE、ニュース、天気予報、そしてプロ野球速報がみられればいいので、そもそもアプリをダウンロードする必要もない。

それでもスポーツの応援なんていうのはたんなる自己満足なのである【文化とはなんぞや】

上西小百合が絶好調だ。 浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな。 — うえにし小百合(上西小百合) (@uenishi_sayuri) 2017年7月15日 このヒトの”火に油を注ぐ”能力は、そうとうなものがある。この任期中、さまざまな議員が問題を起こしてきたが、このヒト…

拝啓、日本介護福祉士会会長・石本淳也さま【もういっちょ介護福祉士受験資格のハナシ】

そもそも介護福祉士の受験資格に、従来の実務経験3年にくわえて、実務者研修450時間をとしたのは、国側のヒトからではなく、日本介護福祉士会側からの要求である。

会長だったらあんたが一度やってみればいいよ【介護福祉士の受験資格】

介護福祉士の志望者が去年から半減したそうだ。なぜかというと今年から受験資格が厳しくなったからである。介護福祉士をやっている者としては、すでに資格を持っているから関係ないでは済まされない。

おまえらやってることが”アレ”といっしょだな【豊田商事事件】

仮想通貨という”しくみ”がある。いわゆる法定通貨に対して、特定の国家による価値の保証を持たない通貨のことだ。これに投資するだけで、働かずして、莫大な利益を得ることができる、”こともある”。

ああ小仏トンネル【ラジオの交通情報】

私事ではあるが、巷ではゴールデンウイークであっても、仕事の性格上、連休が存在しない。それでも期間中独自の楽しみというのが存在する。それが休憩中にラジオを聴くことなのである。

「あたりまえ」それはバカを嘲笑するための大義名分【祭りクジ】

街のお祭りには出店がつきものだ。ベビーカステラとか、それにベビーカステラとか、はたまたベビーカステラとか。そのような出店のなかに、くじ引きというのもある。いくばくかのお金を払ってクジに当たると高価な景品があたるというアレだ。

このようなところにも戦隊ヒーローはやってくる【スーパーマーケット】

自分も含めてゴールデンウイークだというのに、どこにも行けないニンゲンというのは存在する。まあ自分なんかは独り者であるし、まったく連休がないので、ゴールデンウイークであろうがなかろうが、たまの休みは疲れて家で寝ているわけだ。

住環境における価値観【大泉滉】

もう鬼籍に入られて20年近く経ったのか。大泉滉は俳優・コメディアンであり、晩年は奥様といっしょに「わてら陽気なオバタリアン」でコントを演じていた。実生活でも恐妻家だったそうだ。

”価値観”というのは衣食住で如実に表れる【TBSドラマ「カルテット」】

「カルテット」今クール観ているドラマのひとつなのだが、今週の第6回において夫婦における互いの価値観がテーマとして語られていた。そして劇中こんなセリフがあった。

君も成人ならそれがやっていいことかどうかぐらいわかるだろう【清水富美加】

ぶっちゃけたことを書くと、この騒動があるまで、このヒトのことは知らなかった。それに宗教の問題というのは、ナイーブな面もあるので書きにくい。しかし気に食わないことがある。そこのところを正直に記しておこう。

万札の束をヒトに投げつける男【杉山治夫】

世の中はお金である。それはまちがいない。ただそれには人間関係というものが付随する。お金というものには、つねに人の存在がつきまとうのものだ。そういうことを考えると出てくる、あるひとりのニンゲンがいる。

あなたね「湘南」ってワードは釣りエサじゃないんだから【湘南ぐらしの不都合とは】

湘南というのも定義がむずかしいというか、それぞれのニンゲンが都合のいい解釈で使っているという感がある。千葉出身で藤沢市在住の者からいわせてもらえば、湘南に属する地域というのは、相模湾に面するいまいちパッとしない地域である。

同性とセックスしたからって誰かに迷惑かけたわけではないだろう【ホリエモンこと堀江貴文に対して”匿名”の一般人はなにを言っても許されるか】

ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(44)が、テレビ朝日系「朝まで生テレビ!」の本番中にスマートフォンを操作していたことに対する批判に反論した。 堀江貴文氏「悪いんか?」生放送中スマホ操作で反論 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

肥留間正明の論点ずらしに喝だ!【狩野英孝問題】

素性のわからない少女と半同棲するような狩野の人間性そのものが問題なのであって、この件がどんな有名事務所のタレントだろうと関係ない。道理にかなっていれば会見での質問はクレームもないし、それができないなら芸能記者として見識が疑われます。ジャニ…

キャナリーゼという横文字呼称にたいする違和感みたいなもの【豊洲】

豊洲には幾多の高層マンションがあるが、そこに住む主婦のことを”キャナリーゼ”というのだそうだ。こないだテレビ東京の「アド街ック天国」を観ていたらそういっていた。英語のキャナル(運河)を合わせたものらしい。