タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

kotobasm-日の記し

生死の間を彷徨う旅人

逃れようのない宿命。死とはそういうものだ。死というのは、はたしてほんとうの終わりを意味するのか。それともたんなる通過点なのか。確信できる答えは出てこられようがない。それが人生というものなのだろう。