”クソタクシー”

おだやかじゃないなあ。言いたいことはわからなくはないけれども、ホリエモンにしろ、LINEの上級執行役員のオヒトにしろ、もう少しオブラートに包んでいえばいいのにっておもうのだけれどもさ。

ハフポスト日本版編集長・竹下隆一郎氏の言葉狩りに物申す(その2)

前回のつづき。まあ”言葉狩り”まで言ってしまうと大げさに聞こえるかもしれないけどさ。発言したヒトがアメリカ資本のオンラインメディアの日本版編集長じゃない。だったらあなたは逆に日本人であって日本人を差別していないかと言いたいのさ僕は。

ハフポスト日本版編集長・竹下隆一郎氏の言葉狩りに物申す(その1)

いぜんに去年のおおみそかに放送されたガキ使”笑ってはいけない”シリーズについて書いたけれども、そのあともダウンタウンの浜ちゃんがやった”エディ・マーフィーのものまね”にについての批判が出ている。

おたんじょう日のちかい

というと大げさなんだけどさ。あ、今日たんじょう日なんだ。うん45歳。アラフィフ突入だよ。とはいってもなにかが変わったわけじゃない。たんじょう日というのは、たんなる数字のうえでの通過点にすぎないのだよ。

この番組を観て大人になったといっても過言ではない

それぐらい影響を受けまくった番組があるんだ。それがテレビ朝日で夜10時に月曜から金曜まで放送されていた「ニュースステーション」でね。中高生のころは、ほぼ毎日観ていたとおもう。

それはエディ・マーフィーに失礼なのではないの?

去年のおおみそかに放送されたガキ使の笑ってはいけないシリーズ。こないだベッキーのタイキックについて書いたけれども、もう一つ浜ちゃんが扮したエディ・マーフィーも問題になっているらしいのだよ。

フランス・ギャル

あなたには歌っているヒトも曲の名前も知らないけれども、この曲どこかで聴いたことある!という経験はないだろうか。その一瞬だけは曲に興味がわくのだが、そのうちまた忘却の彼方においやられてしまうんだ。

めいろまさんには悪いけれどもアメリカの白人なんてそういう生き物だからさ

われわれ日本人と、むこうの白人とは、人種がちがう。人”種”というぐらいだから、文化とか価値観とか以前の、大本からちがう。そういうところの問題を、あちらと議論しても、きっと泥仕合になるだろうよ。

”優しいお母さん”だけじゃない

やはり役者にとって、一つのイメージだけでかたられるのは不本意だよ。このヒトのばあいは、いつも”欽どこのお母さん”で終わらされてしまうのさ。もっといろんな顔を持っていたはずなのにね。

星野仙一が嫌いだった理由

いつだったか、とあるお笑いライブで、ある出演者がこんなことをいっていたんだ。「NHKは、”野村・星野・汚い”の略です」って。奥さんのサッチーがお亡くなりになって、ノムさん大丈夫かと思っていたら、まさか星野が先なんてね。

ベッキーがおしりにタイキック喰らったぐらいで怒りに震えるのなら世の中渡っていけないよ

大みそかはなにをしていたのかな。年越しそばでも食べに行っていたのかな。こっちは22時まで仕事だったよ。アパートに帰って「ゆく年くる年」観ていたら、いつの間にか寝てしまっていたよ。

箱根駅伝

やはりこれを観なければ、正月を迎えた気にならない。その日が仕事であろうが、ちょっとだけでも観られたらそれでいいのさ。それが僕にとっての箱根駅伝。頑張って走る姿をみて、今年も去年の自分からタスキを受け取れたなあがんばろうって気になるんだ。

AI(人工知能)がニンゲンの仕事を奪うとか言っちゃうヒト

そうやって危機感だけを煽るヒトがいるね。でもちょっと考えればわかるというものだよ。ニンゲンの脳というある意味”神秘的”なものを、”人工的”に作った脳が超えられるわけがないのさ。

おせちもいいけどカレーもね

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。けどやはりどうも年末年始が仕事だと気分が盛り上がらないのだよ。なのでせめて子どものころの正月を思い出して記事を書いてみようか。

ゆく年くる年

今年の年末年始も仕事で、大みそかも正月も22時までだから、年越しの気分はどうやら味わうことは叶わないようだよ。介護施設にいて年末年始だというのに帰るところのないヒト、そういうヒトを世話しないといけないヒト。どっちも社会の落ちこぼれさ。

のっぺらぼうのミスター・NO

漫画タイガーマスクといえば、ジャイアント馬場やアントニオ猪木など実在のレスラーに混じって、架空の”虎の穴の覆面レスラー”が登場する。その中にはとんでもない荒唐無稽なのもいるわけさ。

みなし児のバラード

子どものころ、アニメのタイガーマスクが大好きだったんだ。あのころは昭和40年代のアニメの再放送をよくやっていてね。その影響でマンガも読みだしてさ。あしたのジョーも好きだし、もう梶原一騎チルドレンなのだよ。

友だちと知人

きのう職場のヒトとハナシをしていたんだ。で、そのヒトのSNSの記事について、お友だち多いんですねって言ったら、「多くないですよ」って返されたのだけれど、かんがえてみたら、友だちいない自分基準でいっていたなと。

フリーダムオヤジ宣言をしようぜ

駅でこのような啓発ポスターをみつけたよ。いわばこのようなことは、あたりまえではあるのだけれども、さいきんでは「あたりまえなんて誰が決めたんだチクショー!」みたいなニンゲンがふえてしまったのかもしれないね。

傷心

クリスマスイブにラジオを聴いていたんだ。特集は”一人ぼっちのクリスマス。そこでリクエストされたのがこの曲だったのだけれど、ぶっちゃけなぜにリクエストした?ってぐらいの衝撃的な歌さ。

ニッセイのおばちゃん

つい先ごろ、男性4人のボーカル・グループ、デューク・エイセスが解散された。名前を知らない人でも、”京都~大原~三千院~♪”という歌のフレーズは聴いたことがあるのではないかしら。

日本国有鉄道「ディスカバー・ジャパン」

国鉄からJRになってはや30年。この「ディスカバー・ジャパン」のコマーシャルを観ていると、日本国有鉄道だったころと、民営化されたJRになったいまではずいぶんと様変わりしたね。

「実話BUNKAタブー」を毎月購読している変質者予備軍よ目を覚ませ

近所のコンビニに立ち寄ったのだけどさ、雑誌コーナーの前を通り過ぎようとしたら、表紙の見出しに「千葉は埼玉以下の野蛮県」なんて書いてある雑誌があってさ、千葉県出身者なものだから、なにごとかと思って手にとってページをめくってみたのさ。

はあちゅうさんの童貞いじりと男性という属性におけるレイヤー(階層)

はあちゅうさんというブロガー・作家さんがいる。先日このヒトが、Twitterで過去自分にむけられたセクシャル・ハラスメントを、相手の実名入りで告発するということがあったのさ。

クリープを入れないコーヒーなんて

コーヒーにミルクを入れるのに、なにを使ってる?スジャータみたいな液体のヤツかい?さいきん粉末のミルクって、お目にかかれないよね。むかしはみんな粉末のミルクを入れていたとおもうのだけど。

タチの悪い”セカンド・バイオレンス”

たとえば職業など、自分のやっていることが崇高であるというこだわりを持っているニンゲンほど、他人にたいして、心無いことを平気で言ってしまったりする。そもそも仕事なんていうのは、単純に仕事でしかないのにね。

チェルシーはメルヘンの味

明治チェルシーは、昭和46年に発売されたキャンディー。いまでは定番商品だけど、当時の日本においては、まったく新しいタイプのキャンディーだったんだ。スコットランドの伝統的な製法でつくられたスカッチキャンディーというのだよ。

どうせ死ぬならせめて

職場でボーナスが出たんだけどさ、明細見てガクゼンとしたよ。支給額はいいとして、引かれた年金に。あんた8分の1は取ってるじゃないか!みたいなさ。多くもらっている人の8分の1なんてはした金だろうけど、少ない人には大きいのよ8分の1は。

まあなんて舞台は生き物なのでしょう

この日は働いている施設のクリスマス会があって、出し物をすることになったのさ。べつに誰かにやらされたわけじゃない。あくまで自発的に。楽しいことをやって、場の雰囲気を盛り上げようと思ってね。

センチュリーに乗って多賀竜がやってきた

もうあれだよ。相撲協会うんぬんの話はさ、ほっとけよって僕は思うね。マスコミが取り上げるものだからエスカレートしてしまっているのだよ。もはや本題からはみ出しているじゃない。