前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

恋・はじめまして【セシルチョコレート】







 100円ショップのダイソーに買い物に行くと、むかし懐かしいお菓子によく出会う。明治のサイコロキャラメルはその代表格。あとハウスのプリンミクスなんかもよくみかける。

f:id:hanpeita1973:20170228183730j:plain

 きょうもまた懐かしいお菓子をみつけた。セシルチョコレートだ。てっきりもう販売していないものだとおもっていたのに。字体はおしゃれになったかんじだけれども、花をあしらった銀紙の包みは、むかしのまんまだ。

 セシルチョコレートは昭和49年に発売された。アーモンドチョコレートのアーモンド抜きと説明すればいいだろうか。ちなみにアーモンドチョコレートのほうが大先輩で昭和33年発売である。

 昭和50年代から60年代にかけて、テレビコマーシャルもよく流れていた。そしてときのアイドルが出ていた。百恵ちゃんや堀ちえみや南野陽子などなど。みんなそれぞれ個性があってよかったが、やはりあのひとを思い出してしまう。



 そうなのだ。岡田有希子さんもセシルチョコレートのテレビコマーシャルに出ていて、よくおぼえている。やはり輝きをはなっていたときに、若くして亡くなったひととに対しては、どうしても当時の思い出に補正がかかって印象も強くなる。

 歌詞のなかにある「恋したら誰だってきれいになりたい」というコトバが、いまおもえば心にグッとくる。少女から大人になる過程の、こころの揺れ方みたいなところがやはり。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、僕は君の傍にいる。