タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

ファイナルステージに上がれなかった出場者を面白いと思うような芸人はそもそも売れるセンスがない【R-1グランプリ】

 じつはピン芸人の活動をしていたというのに、R-1グランプリを全部観るようになったのはここ最近のことである。むかしは観て自分のネタに変な影響が出るのを避けていたのだ。くだらない理由である。

 しかしデジャブだろうか。2年連続でソニーミュージックアーティスツの”裸芸人”が優勝して、どちらも次の出番がおいでやす小田さんで。小田さんおいしいけど、優勝賞金500万もらうよりかはおいしくない。

 

  それにしても今回は組み合わせの妙というものをつくづく感じた。たらればのハナシなんてしても本当はしょうがないのだが。優勝者のアキラ100%さんにとって、あのネタ順はこれ以上ない。

 もし出番がいちばん最初だったら、もっと微妙な空気になっていたのではないか。そして小田にとって敗者復活戦で1位だったのは不幸としかいいようがない。あともうひとつ、これは別の出演者だが、ネタが飛んだからといって泣いちゃいけない。

 しらばっくれていればよかったのだ。そういう図太さが欲しかった。現に視聴者投票では1位だったのだから。あそこで泣いたら流れが変わる。審査員だってしらばっくれて投票できなくなるし。ほんらい”時代”はカノジョを優勝させるはずだったのだが。

 で、誰がいちばん面白かったって?もちろんおいでやす小田さんだ。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、僕は君の傍にいる。