読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和50年代少年のKOTOBASM

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

乗り物画報【昭和42年】







 先日研修で高田馬場に行ってきたので、帰りに寄り道をして、中野ブロードウェイに。中野駅の駅前もだいぶ整備がされていたが、サンロードはあいかわらずの活気にみちていた。

 f:id:hanpeita1973:20170411140622j:plain
 もちろんその先にある中野ブロードウェイもいつもどおり。まんだらけにいって、本を買ってきた。昭和42年、小学館発行の「乗り物画報」という子どもむけの絵本である。

f:id:hanpeita1973:20170411141026j:plain
 まだ東海道新幹線が開通して3年ぐらいのとき。うしろで0系が走っている。ときは高度経済成長期のまっただ中だ。子どもたちの夢をのせて、バスはひた走る。バスガイドさんも「東京のバスガール」を歌う。発車オーライ!明るく明るく走るのよ!

f:id:hanpeita1973:20170411142338j:plain

f:id:hanpeita1973:20170411142411j:plain
 ”こくてつのでんしゃ”は左から、まあるい緑の山手線・まんなか通るは中央線・そして京浜東北線に総武線だ。東海道線は本日お休み。中央線とキャラがかぶるという事情があるのかもしれない。

f:id:hanpeita1973:20170411143100j:plain
 ”乗り物画報”だから、もちろん自動車も載っている。ジャガーではなく”じゃがぁ”、ルノーではなく”るのう”であった。右下にモスクビッチがあるというのが、時代を感じさせる。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、僕は君の傍にいる。