”ガラス棒”(TBS)【特集・昭和なテレビクロージングの世界】

f:id:hanpeita1973:20170517214623j:plain

 こちらも日本テレビの”鳩の休日”とならんで、関東の夜ふかしさんには有名なTBSのいわゆる”ガラス棒”といわれるクロージングである。当クロージングは、昭和48年から62年まで使用されていた。

 
 クロージングはもちろんのこと、この筆記体のロゴマークもまた懐かしい。このロゴマークは長いこと使われていたが、平成に入ってある日とつぜん変わってしまった。それも変なフォントのヤツに。

f:id:hanpeita1973:20170519113214j:plain

 これぞ新鮮なイメージを作ろうとして失敗した好例ではないだろうか。いままでの伝統のあるロゴマークに慣れ親しんだヒトたちは、拒否反応があったにちがいない。このロゴマークはすぐに消えて、ごくふつうの書体のロゴマークに変わってしまった。

 テレビ局のロゴマークというのは、さまざまなテレビ番組のエンディングの最後を飾るわけで、インパクトもあるし長くなれば長くなるほど、懐かしい番組とともに思い入れも深くなってくる。

 新鮮なイメージも大事だろうが、そこはテレビ局も留意していただきたいものだ。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、僕は君の傍にいる。