タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

ひとり暮らしだけれども焼肉を腹いっぱい食べたい【焼肉食べ放題】

f:id:hanpeita1973:20170718002555j:plain

 ちかごろよく、”おひとりさま〇〇”というコトバを耳にする。いわゆる独身中年の身としてはなにか沁みるコトバだ。ちかごろでは「ひとり二人羽織」なんていうのもあるらしい。

 もはやチキンレースの様相を呈している。いわゆる度胸試しというヤツだ。ジェームス・ディーンの「理由なき反抗」ではないけれど、ある程度のところで降りないと崖から落ちる。

 

 その”崖っぷち”のひとつに、”一人焼肉食べ放題”というのがある。食べ放題じたいは一人でも

行けるのだ。ココスの朝食バイキングは大丈夫である。サラダバーにごまドレッシングがないので、”マイごまドレ”を持参するぐらいだ。

 だが1人焼肉がむずかしい。いくらお店側から”おひとり様大歓迎”だと告げられても。「そこまでして焼肉食べたいの?」と、自分の頭の中にいるバッタのヘンリーが問いかけてくるのだ。食べ放題がつくとさらに抵抗感が増す。

 焼肉食べ放題の店には、カウンターがない。もし一人で行くとするなら、おのずとテーブル席につかなくてはならない。ほかのヒトは何人かで囲んでいるというのに、なんというムダづかいであろう。

 やはり焼肉食べ放題のお店というのは、グループで来る(来られる)ヒトと、1人で外食をせざるをえないヒトとのあいだに、みえない結界のようなものをつくりだしている。(後半へつづく)

 

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、僕は君の傍にいる。