タフでなくては生きていけない 優しくなれなければ生きていく資格がない

 

寒川神社に行ってきた

f:id:hanpeita1973:20171204014240j:plain

 

 ずいぶんと長いこと、書くのを休んでしまった。そのあいだ、なにをしていたのかって?いつものことさ。ここでは話せないことを、頭の中だけで考えて、勝手に疲れて、それで他のことを考える余裕もなくて、ボーっとしていただけだよ。

  もうすぐこの世に生を受けて45年にもなるというのに、弱いところばかりさ。でも45年生きてきたからこそ、まとまった想いというのもあって。弱さを克服することにも限界というのがある。弱さとうまく折り合いをつけて生きていかなきゃいけない。

 

 あとはその弱さを以って、人を思いやり、その人の弱さにたいして、邪魔しないようにして寄り添えるように。それがきっと人生を終えるための準備なのだとおもうよ。

 

 きょうはゆえあって、寒川神社に行ってきたんだ。寒川神社は古代に造営された、神奈川県高座郡寒川町というところにある神社だ。はじめて行ったのだけれども、大きいところだったよ。木々の葉も深く色づいていた。

 

 

f:id:hanpeita1973:20171204021659j:plain

f:id:hanpeita1973:20171204021741j:plain

f:id:hanpeita1973:20171204021834j:plain

f:id:hanpeita1973:20171204021920j:plain

 

 神苑では抹茶と和菓子もいただいたんだ。落雁を食べたのだけれども、とても美味しかったよ。生の落雁にあんこがはさんであるんだ。そのあとで神楽を観たのさ。

 

f:id:hanpeita1973:20171204023406j:plain

f:id:hanpeita1973:20171204023536j:plain

f:id:hanpeita1973:20171204023909j:plain

f:id:hanpeita1973:20171204024011j:plain

 

 神楽の音色は、日本人のこころの琴線に触れるね。嘘だとおもうなら今度聴いてごらんよ。たまにどこかで人は、どんなことでもいいから、琴線に触れるようななにかを、観たり聴いたりすることが必要なんだねきっと。

 

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、僕は君の傍にいる。