前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

小室哲哉はすごかった







先日、有吉反省会を観ていたら、小室ファミリーのあの人が・・・みたいなことを言っていた。
誰かと思ったら、Tohkoって人が出てきてWho?みたいになる。
しかし代表曲の、「ふわふわ ふるる」が流れたら、あーなんか聴いたことがあるぞと思い出す。
当時は気づかなかったが、今になってみると結構脳裏に小室哲哉の曲は刷り込まれているのだと気づく。
小室哲哉おそるべし。

ちなみにTohkoさんは、壊れてしまうかもしれないので、なんでも持ち物はスペアが無いとダメな人で、持ち歩くものもおのずと大量になり、運ぶのが大変で仕事に遅刻してしまうのだとか。
有吉反省会は、ひととおり反省すると禊をしないといけないのだが、その内容が「ギャラが大型冷蔵庫2個」というもので、おせじにも広いとはいえないワンルームマンションに大型冷蔵庫2個を運ばれてしまったのであった。

それにしても住んでいるのが中野のワンルームマンションというのは意外だが、テレビに映らずともちゃんと芸能の仕事をしているのだから、小室ファミリーの中では幸せなのかなと。
なんか小室ファミリーって幸薄そうなイメージがあってね。
華原朋美は最近また復活してきたけど、西野妙子なんて今何をしているのだろう。
こういう末路みたいなのも含めて、小室ファミリーというよりは、小室ファクトリーだったのかななんて考えるのであった。