前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

さんまのからくりTV最終回なにもかもが懐かしく










いつの間にか観なくなってしまっていた番組というのがある。
からくりTVもそのひとつだ。
一時期は毎週観ていたというのに。
日曜日が必ず休みという生活を送っていなかったのが原因かもしれない。

毎週観ていたころは、サラリーマン早調べクイズとご長寿早押しクイズが好きだった。
酔っぱらいとお年寄りといて筋書きが通用しないハプニング性のある面白さが魅力であった。
いまやTBSの看板になった安住アナと、大ベテランの鈴木史朗アナ、この新旧二人のアナウンサーのベクトルのちがうマジメさが面白さに拍車をかけていた。

いつしか時が経って、からくりTVが終わりを迎えるということで、せめて最終回はとの思いで観た。
とても懐かしく、やはり今観ても面白かった。 
近年は裏番組に押されて視聴率が不調だったというが、なんとかならなかったのであろうか。
時間を変えればまた違うと思うのだが。

視聴率が低いからといって終わらせても、次の番組が成功するとは思えないんだよな。
だいたいこの時間に集中しすぎなのだ、家族みんなで観られるいい番組が。
お茶の間という言葉が死語になりつつある時代の中で、本当に家族がお茶の間を囲んで観られる番組って貴重だ。 
そう考えると本当に貴重な番組を失ってしまったと思う。

それじゃ失敬 




【お知らせスペース】


言論アナーキーのプロフィール 

All About News Dig
All About News Digにも記事が掲載されています。