前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

芸人だったらネタにしろとはもはや言えないほどにネットの伝播力はすごいから








エド・はるみ 誹謗中傷行為に法的措置へ
 

 
 お笑い芸人のエド・はるみが、2009年以降にインターネット上で波及している一連の誹謗(ひぼう)中傷行為に対して、今後は法的手続きをとることが2日、明らかになった。
弁護士法人国際法律事務所が9月30日付で「エド・はるみ氏への誹謗中傷行為に対する法的手続対応のお知らせ」として公式サイト上で発表した。

本当にそうなんだよ。
芸人相手だから何をやっても許されるというわけではない。
どんなにネタにしようとしてもシャレにならない状況を止められなくなる事例だってあるのだ。
それほどネットの口コミによる伝播力はすごい。

だから面白半分に事実確認もせずTwitterで広めるのはよろしくない。
ヘタすれば1人の人間の生活の糧を奪うことにもなりかねないから。
最終的に嘘であったのにもかかわらずそうなってとして、それに対してただ面白くなかったから消えただけと言うのは卑怯きわまりない。
1人の人間が不幸になったとしても、そんなことは知ったこっちゃないと痛みも感じずに普通に生活できてしまう。
それがネットの恐ろしさでもあるのだから。

もちろんTwitterユーザーだけの問題じゃない。
芸能ニュースサイトだってそうだ。
情報の裏付けも取らない、もしくは面白ければいいのだと虚偽の記事を書いて、ネットはそういうところだからというのは許されない。

有名税という言葉はよくこういうときによく使われる。
有名税というのは、力を持っていてどんなことを言われても立場が揺るがないような人に対していうものである。
だが中には風評被害にあって潰れるひともいるのだ。
その人のメシの糧を上回るような有名税はあってはならない。



それじゃ失敬。



【お知らせスペース】

言論アナーキーのプロフィール 

All About News Dig
All About News Digにも記事が掲載されています。