タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

金山一彦のヒモ能力





2014年10月4日OA「有吉大反省会」より

大渕愛子様
「新婚にも関わらず、家事を一切やらず、すみません」

知らない人に説明すると、大渕愛子さんは弁護士である。
現在、日本テレビ行列のできる法律相談所にレギュラーで出演している。
先日、俳優の金山一彦さんと結婚した。
家事をやらないというのは、旦那さんがすべてやってしまうからで、結婚する前からすでに僕がやると言っていたそう。

VTRで家庭のご様子を流していたのだが、以前この番組でチャーハンが好きすぎて反省しにきた金山さんだけに、朝食だというのにチャーハンを作っていた。
お約束ではあるが、まったく反省していない。
家事というからには、掃除洗濯もやるし、しまいには大渕さんが結婚前から飼っていたネコちゃんの餌やりまでやっているのだという。

今回の大反省会は女性ばかりということもあって、みんな羨ましがっていたが、ちょっと待ってほしい。
これは大渕さんという、稼げる立場の女性の旦那だからできるのだ。
性格も顔に似合わず優しいというし、言ってみれば一流のヒモ能力を持つ男なのである。
女性側は相当稼がなければいけないし、男なんだからたくさん稼げ、それに加えてたくさん家事もやれというわけにはいかない。

この「男なんだからたくさん稼げ」というところがミソで、ヒモとまではいかなくとも家事をこなすにはある程度仕事は犠牲にしなくてはいけない部分があるということ。
それでもいいから、私は仕事をしたいという割り切りが必要なのである。
しかしこの夫婦に限ってはすごいところがある。

金山さんって実は切れ目なくドラマに出演しているのだ。
主役級とはいかないが、脇役としていつもね。
そういえばよく観る気がする。
俳優としても評価されているという、ここは評価してあげたい。

それじゃ失敬。



【お知らせスペース】

言論アナーキーのプロフィール 

All About News Dig
All About News Digにも記事が掲載されています。