前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

子どもたちはみんな平等に夢をみてそして幸せになる権利がある







image

高円寺のあたりをぶらぶらしていた。
すると駅前にきらびやかにイルミネーションがほどこされた木をみつける。
この手のものをみるとどうしても悪趣味だなと感じてしまうのだが。
しかしよくみるとこんな文字が。

image
 
「私たちの夢」
そして黄色い板に中高学年らしき子どもたちの願いごとが書いてあった。
小学校のころ、考えてみればいろんな夢をみて発表したっけ。
微笑ましくなり、ついながめてしまった。

image
 
いまの子たちは現実的だ。
これも時代の流れだろうか。
007のようなスパイになりたいなどと授業参観で作文を読んだのを思い出し恥ずかしくなる。 
中にはこんな猛者もいた。

image
 
具体的だ。
こういう子がきっと日本のものづくりを支えていくのだろう。
まずフリーターやニートにはならないのではないだろうか。
こんな子もいた。

image
 
これも現実的だ。
少なくともロッテ優勝よりは。
鳥谷が大リーグ行かなくてよかったね。
ホロリとさせられたのがこれ。

image
 
きっと心の優しい子なのだろう。
書いた子はレモンちゃんっていうのか。 
落合恵子かな。(古い)
そして多かったのがこのパターン。

image
 
このほかにも平和を望む子が多かった。
子どもたちがこんなことを書かないで済むように大人たちは努力しないといけない。
子どもたちはもっと自分の夢をかたるべきだ。
こんな子もいて心が動かされた。

image
 


君にも大きな幸がありますように。