タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

ネタをつくるのやめています

きょうはお笑いライブ「ジョルトカウンター」に出演しました。
たくさんの方が観にこられていました。
お客さんのなかには、相方さんを募集する集まりからこられたひともいたみたいです。
それもふくめて、主催者の清水狸さんは精力的に活動していて、感心します。
私はというと、表題のとおりネタつくりをやめています。
正直、お笑いの舞台でネタをやることについて考えるところがあるのです。
お笑いは現状、ネタを求められていないといったところです。
ネタ的な頭脳は今後、インターネットの世界でいかされると読んでいるのです。

おそらく舞台では、今日のようにトークを中心にやっていくでしょう。
それかむかしやっていたものを、改善し焼きなおすか。
コントが求められたらそうするでしょう。
こんどありますけど、そういうライブが。

これからは、ブログを中心とした、インターネットの表現に、ちからをいれます。
それともうひとつ、いま住んでいる藤沢市の、地域でのサークル活動も、参加していきたいです。
もちろんお笑いの舞台にもまだまだ可能性は感じています。
でもそれだけだと、みえてこないものが、まだまだあるのです。

私はいろんな意味において、おもしろいひとで、ありたいのです。