前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

【ヨルタモリ】タモさんのサバサンド







2月1日のヨルタモリで、サバサンドをタモさんが作っていました。
これが実においしそうで、おいしそうで。
シンプルなのだけれども、奥がふかそうです。
青魚とパンはあわないだろうと、さいしょはおもったのですが。


かんたんなレシピです。
用意する材料は、サバの一夜干し(ノルウェー産)・食パン2枚・レタスです。
調味料は、バター・しょうゆ・マヨネーズです。
ノルウェー産と書いてありますが、タモさんがいうにはノルウェーのサバが、いちばん脂が乗っていて、おいしいからだそうです。 

パンを焼いて、バターを塗ります。
そういえば、このときに番組でタモさんが言っていたのですが、パンにバターナイフでバターを塗るときのあのガリガリって音が不愉快というのを。
あーわかると、うなずきました。
なんか神経を逆なでするのです。

バターを塗ったパンのうえに、焼いたサバを乗せます。
さらにそのうえに、お好みの量のレタスを乗せます。
マヨネーズとしょうゆをまぜたものをかけます。
焼いたもう一枚の食パンを載せてできあがりです。

まだ作ってはいないのですが、これはぜったいうまいという確信があります。
というのも、ゲストの松坂桃李くんが、これまたうまそうに食べていたものですから。
かれのようなイキのいいわかものが、豪快にたべているというのは、説得力があります。
しかしたべてみたいのだけれども、アパートにロースターがないのです。

あとレタスってコンビニとかでも、数枚単位で売っていないというのもあります。
それにバターがなくて、あるのはネオソフトですし。
工夫しろ、ごもっともです。
むしろひとの家でつくってふるまうのもいいかもしれません。