前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

最後のお笑いジョルトカウンター







image

出演してきました。主催の清水狸くんは今後はまた、舞台に立つ方でがんばるということで、前進的な撤退であると言っておきましょう。今日も彼はひとりで裏方業務をがんばっていました。なかなかこの裏方業務を引き受けてくれる人がいないのです。

小生も、ライブをやったことはあるのですが、こまごまとやることが多くて、いろんなところが疲弊してしまうのです。結局は、社交的で、横柄なまでに、他人におしつけられるようなひとが、イベントを主催するのにはいいのかもしれません。

小生にはできませんが。ネタのほうは、反応よかったです。ただ最近疲れがあって、その後の大喜利とか、そのなかでのトークがダメダメでした。あたまの中がまっしろになっていました。おまえは仙波吉兆の女将かってぐらい、まっしろでした。

まじめなはなし、一回なんでこんな笑いの要素のないワードが?っていうのが大喜利で出てしまいました。にんげんってこわいです。いいないいな、にんげんっていいな♪って実はそうでもないよアニマルたち!っていいたくなるぐらい、こわいです。

もうちょっとあたまもからだも整えていきたかったのですが。からだ鍛えて、ちゃんとしたもの食べて、しっかり休んで出直します。ありがとうございました。

ちなみに写真は、ライブの帰り道に見つけました。犯罪犯罪!ダメゼッタイ!日の丸じゃぱ男さんかとおもった。