前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

月世界旅行はじまらず







スキャン画像 2015-04-11 10-05-00


50年前の子ども雑誌では、もうすぐ月に行けるといわれていました。そして少年たちは、それを信じていたのです。そしてその後、アポロ11号が月面着陸し、それは現実のものになると…おもわれました。大阪万博に行った当時の子どもたちは、月の石を見てそれを夢見たことでしょう。


そしてなぜか現代われわれは、
”ぼくらの生まれてくるずっとずっとまえにはもうアポロ11号は月に行ったっていうのに”
状態になっています。


当時のテレビで流れた映像も、いまでは実は、ジョージ・ルーカスの監督作品だったといわれています。んなわけないだろ。 しかし現在の宇宙ステーションは、地球のちかくをまわっているだけであるのもたしかです。そういう状況をかんがえると、まだ月に行くのは遠い将来になるのかもしれません。


結局は、行けないことはないのかもしれませんが、行ってどうするのか、金をかけてまで行くメリットがいまのところ見つからないのかもしれません。これがもし、月がちょっと工夫すれば、地球とおなじようににんげんが住める環境なら、話はちがっていたのかもしれませんが。


ぼくら団塊ジュニア世代の少年時代は、こういう未来の夢物語と、矢追純一のUFOシリーズに代表されるオカルトめいたもののはざまのなかにありました。