前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

ただみんな投票にいけばそれでいいのか










OOK82_senkyokatudou500


べつに小生は、女性議員がダメであるとか、若い議員がダメだという風には考えていません。ただ、外っ面だけなぞって投票に行くぐらいなら、行かないほうがマシだと考えています。だれに入れるかわからないひとというのは、まだ余裕のあるひとだと思っているのです語弊をおそれずにいうなら。








なんて書くと一部の人に怒られそうですが。参政権というのは、先人の勝ち取った権利ですし、行ったほうがいいのです。でも選挙公報も見ずに、どのひとに投票してもおなじというひとは忙しいひとであり、忙しいひとというのはそれほど生活にこまっているわけじゃありませんから行かなきゃいいのです。


だいたい選挙公報は投票所にいけばありますし、とりあえず行って投票するまえに読めばいいのです。げんに小生もそれで投票するひとを決めました。ただ単純に女だから若いからとかで決めるぐらいなら、投票なんて行かないほうがやはりいいのです。


それをわかっているひとがいるから、棄権をするひとが多かったと小生は理解しています。そして政治家が、女だからいい若いからいいなんて言っているようでは、さらにそういうひとが増えていくとかんがえるのです。 そうおときた駿さんにはお伝えしたいのであります。