前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

なにをおもったか江ノ島に行ってみた







藤沢に引っ越してきたからには、いちどは行ってみようとおもっていた。しかしそこは、想像をこえた、ディープスポットであった。入り口はまだ”かんこーち”というかんじで、日曜日ということもあって、ひとがたくさんいた。


DSC00658
 

しかしなかにぐんぐん入っていくと、やおろずの神たちがデンと控えていたのであった。神社とお寺を何箇所か巡ってきた。お寺ではちょうど護摩行がおこなわれていて、見学してきた。


DSC00672
 

いろんな意味で熱かった。祈るひとはみな真剣で、隅っこのほうでその光景を迫力におされながらみつめるしかなかった。江ノ島というのは、こういうところだったのだ。


DSC00659
 

歩きまわって岩本楼という老舗旅館でお茶をする。通りの喧騒をよそに、ここはしずかでまったりしながらアイスコーヒーを飲む。江ノ島を散策しもどるときに寄ることをおすすめする。 ランチタイムが終わったあとなら、400円で喫茶できる。気候がよければ、富士山がみえるかも。


DSC00661
 

昼食は赤鳥居のところにある鶴屋という食堂でカレーライスを食べる。海鮮の定食から洋食にラーメンまで、いろんな選択肢がある老舗の食堂である。老舗らしい小麦粉を炒めた風味の残るチキンカレー。 750円。