前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

野菜の花とあじさい







梅雨が憂鬱できらいだ。だがそんなことは、小生のかってな言い分である。ここのところの雨は、植物にとっては恵みとなったようで、こころなしかイキイキとしているようにみえる。現在住んでいる藤沢市のアパート近辺は、東海道にめんしていながらも、緑が根強く残っている。


DSC00708



DSC00713


DSC00712

おなじいろをしているので、わかりづらいとおもうが、ピーマンの子どもがいる。


DSC00717



DSC00714



 
DSC00728


年をとったせいであろうか。このごろ花が愛おしくかんじる。とくに野菜の花は好きだ。野菜だけあって、収穫される実のほうが主役なわけだが、それを理解しているかのように慎ましいところが好きだ。


そして梅雨といえばこの花。梅雨はきらいだけれども、あじさいは好きだ。 

DSC00719


DSC00720

 
DSC00721
 

DSC00722
 

DSC00725
 

人間関係で疲れた心をそっと花は癒してくれる。見ているといやなことをひとときのあいだ忘れさせてくれる。