前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

今行かないと無くなっちゃうかも!?日帰り灯台ツアーin東京湾







今回はタモさんご一行が、廃止が続く東京湾灯台に潜入するロケであった。

image


余談だが、土砂災害警戒情報は横須賀だった。まえに番組で隧道めぐりをしていたのをおもいだす。
ちなみに無くなっちゃうかもということだったが、海上保安庁のひとは、のこり3つはとうぶん無くならないだろうとは言っていた。


image
 東京西防波堤灯台 【Fl(2)G5s10m7M】 

ちなみに記号の読み方だが、Flはフラッシュの略で、(2)は2回、Gはグリーン、5sは5秒、10mは水面のたかさ、7Mとは光が届く距離を示している。ちなみに7㍍ではなく7海里(約13キロ)という意味。つまりは、水面10㍍のたかさから、5秒間に2回、グリーンの光が7海里の長さで届くということである。 


image
 東京中央防波堤西灯台【Fl(2)R5s16m7M】


image
東京木材投下泊地防波堤西灯台【FlR3s12m7M】 


灯台の色にも意味があって、海から陸にむかって、左側が白で右側が赤なのだとか。


image
 【今日の安斎先生とひとこと】

93歳になる先生のお父様。ご自身で書いた本を先生にプレゼントしたそう。その内容が霊界についての本で、永年研究していたそうだ。ちなみに内容は丹波哲郎さんと似た感じだったらしい。