前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

千葉の外房でもバーベキューならできる







そもそも、外で食べるご飯って美味しいんですよね。「自宅でバーベキューができる環境」は、ご飯が大好きな人たちには本当におすすめしたいです。

都民よ羨望せよ!「自宅でバーベキューができる」という圧倒的な贅沢を。 


高知の自然豊かな場所で食べるメシはさぞかしうまいにちがいない。ただおもったのが、これならうちの千葉の実家でもできるなあということだ。外房の山武市というところである。東京駅から高速バスで1時間15分ほどのところだ。


まあとにかくなにもないところで、小生の家なんか小高い山の中腹にあって隣近所というものが存在しない。まわりは田んぼと畑ばかりである。なので都民が羨望のまなざしでみるほど、関東からとおく離れた高知でくらすのはいいものなのかという疑問がある。


いぜんこの記事でも書いたが、関東に親兄弟がいるばあい、すすんで遠い場所に移住することはたいへんなことなのである。まだ東京で消耗しているの?と挑発されても、それは変わらない。消耗しても守らななければならないものもあるのだ。


だから東京とちがって高知はバーベキューできるからなんなんだともいえる。現段階ではイケダさんもどのように羨望のまなざしで見させるか勝負なのかもしれないが。今後はもっと高知をどのように盛り上げるかが勝負だ。


高知を変えるのは、関東のにんげんではなく、高知に生まれ育ったにんげんだから。