タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

もう明智半平太は芸人じゃないからさ

こうやってブログなんかを更新すると、どこからか芸人としておもしろくないくせにという輩がでてくる。ブログとお笑いなんて、まったく違う分野であるというのに。そういう輩をみると低能であると断言せざるをえない。


ましてやいまやこっちはお笑いを引退しているというのに、いまだに芸がうんたら言ってくる輩がいる。まあバカをこじらせて救いようのないレベルに達しているのであろう。ご愁傷様である。あとはひっそりとひとさまに迷惑をかけずに草葉の陰に行っていただきたい。


なぜこうなるのか。やはり自分たちは大衆で偉い。 お笑い芸人にたいしてなにをいっても許されるとかんちがいしているからにほかならない。いじめるにんげんというのは、いじめられっこにおもしろいことをすることを強制するものだが、それと根っこはいっしょなのである。


そもそも芸人というのは、大衆の下僕になってまで笑わせる必要はない。自分はあんたを笑えない。だったら自分で自分にあうお笑いを見つけろよって話だ。もう関係ないけどこっちは。お笑い番組もいっさいみていないし。さいきんみているテレビ番組は、渡辺篤史の建もの探訪と、秘湯ロマンだ。以上。