タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

東京の埋立地の高層マンションを35年ローンで買って消耗しないの?

tts921mono3bigmm2

そんな「賃貸 VS 住宅ローン」論争にプロブロガーのイケダハヤトさんが参戦。自身のブログで「35年ローンとか意味不明すぎて笑えるwww」と、35年ローンを返し続けることを “まともじゃない神経” と批判した。

さらにその内容に対し、LINE株式会社の執行役員である田端信太郎さんがTwitterで「俺も35年ローンでマンションを買った。アフィリエイト収入目当てでいつまでブログ書いて消耗してるの?」と、ブチギレコメントで反論しているのだ。

イケダハヤトと田端信太郎もバトル! 住宅ローンと賃貸どちらが良い? 答え「立地が良い場所でローンで戸建て購入」


イケダハヤトさんのもくろみどおりというかんじか。今回はまき餌の質もよく、大漁である。この絶妙なツッコまれぶり。みごととしかいいようがない。かれが高知に移住してからというもの、外野からブログをながめてはおもしろがっている。東京に住んでいないから小生。


この一連のやりとりは、みていてたいへん勉強になる。家を買うときのローンというのは、金利が安いというのもそのひとつ。しかしローンを組んで買うか、賃貸に住むか、これは本当にむずかしい問題で、ひとによってこたえは違ってくるなきっと。


ただひとついえるのは、そんな東京の埋立地の高層マンションに住むなんて、正気の沙汰じゃないよなということ。不自然だものやはり。0メートル地帯の高層マンションなんて。江東区なんて緑ないじゃない。地元ならともかく。あんな埋立地に好きこのんで移住するのってどうなの?投資目的で買うっていうならまだしも。


やはり家族のこと、とくに子どものことをかんがえたら、あるていどは自然の豊かなところに住むべき。買うか賃貸かは別にして。それには日本のライフスタイルも変化しないといけない。在宅勤務ができる部分は在宅勤務にする。多少収入が低くなってでも、住んでいるところの近くに勤める。などなど。


みんなが多様なスタイルで仕事をして、なるべく楽に暮らすべき。あくまで小生の見解であって、東京の埋立地の高層マンションに35年ローンをくんで住むひとを否定する目的はない。