前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

国立競技場とオリンピックエンブレムのデザインを考えた







じつはけっこう建築やデザインについては一家言持っている。自分で言うのもなんなのだけれども。なので昨今の国立競技場やオリンピックのエンブレムの騒動について、忸怩たる思いをもっているのであった。


しかし文句をいうばかりが能ではない。個人ブログといえども、発言に責任はもつべきである。そこまでいうならじゃあ対案をだしてみろといわれるであろう。当然である。なのでここで案を発表したい。まずは国立競技場のデザインから。


image
 

屋根はない。そのほうがドラマティックであるからだ。にんげんのどんな演出よりも、空もように優るものはないとかんがえている。そしてその空の下で選手が走るほうが自然なのだ。そう君もおもわないか?そしてオリンピックのエンブレムはこちら。


a0155815_1101249


手違いだろうか。なぜか”1964”になってしまった。こういうエンブレムはシンプルなほうがいい。日本には日の丸というものがあるのだし、そこに三角やら四角やらよけいなかたちはつけないほうがいいのだ。シンプルなもののほうがみている者のこころを打つというものだ。


この案には最大の利点がある。ここまでシンプルにしてしまえば、だれからもパクったとはいわれない。