タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

おとといのきょうの料理



スポンサードリンク

前回のつづき

こういうテレビ馴れしていない講師の場合、アナウンサーの力量が問われる。
さすがにNHKのアナウンサー、滞りなく進行していた。
田部さんも馴れてきて笑顔も見せるようになってきた。
3e84ac3d.jpg


”コック姿の怒らない寺内貫太郎”田部洋一さんのお店

ホームページはこちら

田部さんのお店は神戸にあるバラライカという名前だ。
おばあさまから3代続く味を守り続けている。
その味はこの店だけでしか味わえない。
こういうところの料理はうまい。
食べなくても想像はつく。
ランチメニュー1260円でディナーコースは5250円となんとも良心価格なお店である。
できることなら食べてみたい。
グルジアワインも750mlのボトルで3150円。
恋人同士よりも、年をとった親にごちそうしようという時に行きたい店だ。
行ってみたい。
関西に行く機会があったら行ってみよう。

それじゃ失敬。