前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

ソチオリンピックにおける最低ブタ野郎ども









スポンサーリンク


ブタ野郎パート1

【ソチ五輪】森会長の発言要旨 「真央ちゃん、見事にひっくり返りました」

ヒキガエルみたいな顔したやつが”ひっくり返りました”とは笑止千万である。
私はこういう「結果出せなきゃどれだけ努力したとか関係無い」的な奴が嫌いだ。
この森喜朗というヒキガエルは昔から、何のためらいもなくデリカシーのないことを言う。
何回も失言で問題になっているのに学ぼうとしないのはどういうわけだ。
こういう人間にオリンピックに携わる資格は無い。
はやく神の国に帰ってイット革命やってろ。
ブタ野郎パート2

ロシア女性バンドにムチ、唐辛子スプレー ソチで治安部隊

まずはこの動画をごらんいただきたい。


NHKのニュースウォッチ9でもやっていたので観た方もいるだろう。
バカとハサミは使い様とはいうが、バカにハサミを持たせるととんでもないことをやる。
権力という盾を持つとなおさらだ。
治安部隊っていうと聞こえがいいが、単にプーチンを盲信する公の機関に属さない田舎のおっさん連中である。
この殴られている方のプッシー・ライオット(Pussy Riot)というバンドは過去にもプーチンを批判するパフォーマンスをしてブタ箱に入っているのだ。
つまりロシアというところは言論の自由がまったくないということだ。

本当に救いようがない。


さすがに失礼なことを書きすぎたのでお詫びしたい。

豚さんに。


それじゃ失敬。