前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

テレビの画面には映らないこと









スポンサーリンク

表現者で在りつづけるということ
皆さんにわかってほしいことがある。
よくドラマ、特に刑事物にあるパターン。
犯人に殺された被害者なのだけれども、暴力なんか奮うどうしようもない最低な男が出てくる。
殺されてもしょうがないと視聴者が思ってしまうような役。
犯人役がけっこう知名度のある女優とかだったりする。
そういう捨て駒みたいな役をテレビで演じる俳優さんに、力のある人がいたりする。
実は劇団を主宰していて、すごい脚本を書いちゃう人とかが。
本当にいるのだ信じてほしい。
テレビというのは一つの指標であり、そういう端役をやっている人はそれなりの実力でしかないと思う人もいるだろう。
でもじゃあ今のテレビドラマで主役張る人と演技力に差があるのかというと一概にそうは言えないと思う。
もちろん見た目というのは大事だし、華があるかないかも重要である。
またバックにあるものの大小も関係してくるし。
ただ、そういうテレビの端役をしている人にはその人なりの裏付けがあるし、それを読み取るのも一つの面白さだと私は考えている。
表現し続けることって、華やかなる舞台の隅っこにいても己の道を探求しつづけることなんじゃないかなあ。


それじゃ失敬。





百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)
(2009/12/11)
荒川 弘

商品詳細を見る