前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

アングラであるということ









スポンサーリンク

私も己のことをアングラと言っているけど
やはりアングラっていうのは形のあるものではないと私は考える。
人は脳の中に各のアングラの基準をもっている。
アングラというのは地下という意味をもつ。
人はふつう地上に立って生活している。
アングラといわれるであろう人は地下でなにかを表し続けている。
地上に立っている人はいまいちその人の概要をつかみきれない。
さてじゃあアングラってなんなのか。
わからないけど、なんとなくこの人ってアングラじゃないのかなっていう人は私の頭の中にいる。


飯田孝男という異能

yjimage_201402280201022fa.jpg

飯田孝男(はんだ・たかお)68歳俳優。
たまにホームレス役なんかでドラマに出ている。
知る人ぞ知るアングラ俳優である。
雰囲気からしてアングラ臭がただよう。
この人、ジャン・レノ主演の映画に出演オファーが来たものの断った。
その理由が、

どうしても抜けられない夜勤のアルバイトがあるから。

68歳なのに去年子供ができた。
やはり概要がつかめない。

アングラじゃないかなこの人。

それじゃ失敬。