前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

傷だらけの天使のオープニングの修ちゃんと同じものが食べたい









スポンサーリンク
傷だらけの天使』は、1974年10月5日から1975年3月29日まで、毎週土曜日22時に日本テレビ系で放送された全26話のテレビドラマである。
夜10時のドラマだというのに、ヌードはあるわ、暴力シーンはあるわ、とにかく表現が過激なことばかりが目立つが、当時の若者の怒りや挫折の表現は秀逸で、考えさせられるものがあった。
とにかくオープニングが印象的で、ショーケンの食べる姿はなにか男のセクシーさを感じた。
かっこよかったなあ。

b49c06c0.jpg

まず手始めにトマトね。
ひとくち齧って塩かけてまた食べる。
塩はおなじみ専売公社(現・JT)の食卓塩。
しかしヘッドホンはともかくとしてなんで水中メガネしてんだろ?

5c3706d0.jpg

おつぎはナビスコリッツ。
まだ沢口靖子がリッツパーティー!とか言ってなかった時代ね。

b54c08cb.jpg

これはパッケージで判別できる。
ノザキのコンビーフね。
調理もせずに缶に入ったまんまの状態で食べている。
トマトに塩振りかけたり、塩分摂りすぎだ修ちゃん。

350b4c41.jpg

そして魚肉ソーセージ。
魚肉ソーセージってみんな似たようなもので、どこのメーカーか判別できない。
そこは思い思いに好きな魚肉ソーセージでいいかなと。

ae7145df.jpg

牛乳もメーカーが判別できないが、最終回の冒頭の地震のシーンで明治牛乳のマークがついていた牛乳びんがあったので、明治牛乳に決定。

とにかく腹を満たせばそれでいいという、若者らしさ溢れるシーンだ。

それじゃ失敬。

名作ドラマBDシリーズ 傷だらけの天使 Blu-ray-BOX(3枚組 全26話収録)名作ドラマBDシリーズ 傷だらけの天使 Blu-ray-BOX(3枚組 全26話収録)
(2013/09/18)
萩原健一岸田今日子

商品詳細を見る



ブログパーツ