前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

エロスは過激だからいいというものではない









スポンサーリンク

d90b5c61.jpg

日曜日の早朝、隔週で放映されている「秘湯ロマン」という番組がある。
むかし私はこの番組が好きで、よく観ていた。
当時やっていたアルバイトが朝早いからってなんで朝の5時に…って話ではあるが。

有吉反省会を観ていてどこかで聞き覚えのある名前の人が出ているな…
温泉を紹介する仕事ばかりをやりすぎて、いまや女優業をまったくやっていないことを反省…
まさか…
と思ったらやっぱり春馬ゆかりさんであった。

誤解なきよう言わせてもらうと「秘湯ロマン」って純粋に温泉を紹介する番組なのだ。
ただ温泉に入っているのがたまたま女優さんってだけで。
だからこそ早起きのおじいさんにはぴったりなのである。
健康的な色気ってやつだ。
しかもこれがただ若くてきゃぴきゃぴしている子じゃダメなのである。
純日本風の出しゃばらない感じで適度に熟した女性にかぎる。
春馬ゆかりさんはそれに合致する。
善良なおじいさんの楽しみだった、水戸黄門における由美かおるの入浴シーンが奪われてしまった今、この「秘湯ロマン」に出ている春馬ゆかりさんこそが、残された最後の砦なのである。
なので高齢化社会に向けてこういう番組は大事にしていかなければと思う次第なのである。

ちなみに春馬さん、今年の1月にご結婚されたそうで。
ということは、「人妻」という目には見えないアーマーを身につけたということなのだな。
これは強力な武器だぞ。
ますますのご活躍を祈る次第である。
もちろん本来の女優の仕事も増えればいいのだけれども。

YouTubeをみたら結構な数の秘湯ロマンの動画あるのね。
消される前に皆さんの脳裏に焼き付けていただこう。




それじゃ失敬。

女の秘湯 ( 房総編 ) CCP-609 [DVD]女の秘湯 ( 房総編 ) CCP-609 [DVD]
(2013/05/28)
不明

商品詳細を見る


ブログパーツ