タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

「トムヤムクンヌードル」の販売一時停止の陰で”足元を見ている感ありありの業者



スポンサーリンク

日清食品は22日、今月14日に発売したカップ麺「トムヤムクンヌードル」の販売を一時停止すると発表した。販売が同社の予想の2倍程度に上り、生産が追いつかなくなったという。



カップヌードル トムヤムクンヌードル 1ケース12食入りカップヌードル トムヤムクンヌードル 1ケース12食入り
()
日清

商品詳細を見る

そしてAmazonでは12食入りで9800円という値段で売られていた。

ほとぼり醒めれば、またそこらじゅうで買えるようになるから、絶対に買わないようにしよう。
カップヌードルは、これまでもたくさんのフレーバーのものが売られてきだが、これに勝るものは現れない。

日清 カップヌードル 77g×20個日清 カップヌードル 77g×20個
()
カップヌードル

商品詳細を見る


もはや日本人のDNAに組み込まれているかのように、独自の食文化を形成したこの味。
ベースは醤油だが、多くの外国人にも受け入れられるフレーバー。
しかし。
しかしだ。
企業であるからには、これを超えなければならない。
歴史を覆すような味を作らなければいけないのだ。
そこで、

トムヤムクンヌードルは、タイの現地法人と協力し、魚介類のスープにココナツミルクを加えるなど本場の味わいを再現。


である。
本場ははたして定番になれるだろうか。
それとも未来の懐かしネタになるのか。
まだ食べたことのないトムヤムクンヌードルは飽きのこない味なのだろうか。

明日はどっちだ。
ブログパーツ