タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

プロ野球選手なのに科学雑誌ニュートンに載った古谷拓哉という男(2)



スポンサーリンク

プロ野球選手なのに科学雑誌ニュートンに載った古谷拓哉という男(1)

2013年。
今年こそ活躍しなかったら危ない古谷。
しかし、オープン戦も結果は残せず、開幕は2軍スタート。
ある日古谷は、2軍戦で先発し、好投する。


最後のバッターの時には、

「古谷、完投しても中継ぎでしか使えねぇんだから頑張んな」

「古谷、お前は完投しても一軍で中継ぎにしかなれねぇんだから」

などとさんざんなヤジの言われよう。
なにもそこまで・・・古谷がかわいそうじゃん・・・

そういうわけで、ノーヒットノーランを達成する古谷。
その後1軍に昇格し、先発で9勝(1敗)の成績をあげる。

そしてこの年、宇宙が好きな古谷は、科学雑誌「ニュートン」に登場する。
プロ野球初の快挙!? ロッテ古谷が科学雑誌「ニュートン」に登場へ

もうあまりにも唐突すぎるオチなのだが、それはそれで古谷らしい。

それじゃ失敬。
足跡帳に一言残す


ブログパーツ