前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

追憶のオートスナック









スポンサーリンク

日本テレビの番組”月曜から夜ふかし”という番組で、うどんの自動販売機の特集をやっていた。
d39225a0.jpg

これ。

私の実家、山武にも家の近くにオートスナックがかつて存在しこのうどんの自販機もあった。
他にもこんな、
6e3bba59.jpg

トーストの自販機もあった。
またカップ麺の草分けでもあるカップヌードルの自販機もあった。
21046b6f.jpg

そういや透明なプラスチックのフォークはいつの間にこういう自販機に常備されなくなったのか。
昔はカップヌードルをそのフォークを使って歩きながら食べたものだが。

その他にもそのオートスナックはジュースの自販機やゲーム機など置いていた。
しかし一番すごかったのは、建物のそばにエロ本の自販機(別名:中高生男子の度胸だめし機)があったことだ。
これが買うとものすごい勢いで、なおかつ大きな音をたてて本が落ちてくるので、かなり恥ずかしい思いをする。

そんなオートスナックも店を畳み、今はちょっとした廃墟になっている。
番組でも24時間営業のコンビニの台頭でオートスナックが減り続けていると言っていた。
うちの実家は24時間営業のコンビニって徒歩で片道1時間はかかるようなところにしか無いのだけれども。

それじゃ失敬。
足跡帳に一言残す


ブログパーツ