前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

横浜市にも防災無線を













僕の住んでいる藤沢市は、このツイッターのツイートとおなじ内容が防災無線でながれる。防災無線とは、市内に設置されたパンザマストとよばれるスピーカーからながれる放送のことである。


行方不明者のおしらせのほかにも、防災関係の内容がいろいろとながれてくる。藤沢市は海に面しているところでもあるので、津波警報も発令されたらすぐに流れてくるのである。もちろん先日のチリ地震の影響による津波のときも流れてきた。





そしてじつは僕が働いている横浜市には防災無線がない。なぜないのか疑問である。あれだけ大きな市であるというのに。スマホをもっていれば、アプリで知らせてくれるからいいけれども、なにかあったらお年寄りとかどうするのか。テレビやラジオじゃなかなかピンポイントで伝わらないし。


僕は老人ホームで働いているので、認知症をかかえたお年寄りが徘徊なんかしてしまったときに、こうやって防災無線で知らせてくれるといいなとおもうわけだ。こういうことがあるとき、地域のひとに周知してもらえば、みつかりやすくなるし。


なんか内容が新聞の投書欄みたいだな。