前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

ジュンジ・クルーニーって







なんだよ「ジュンジ・クルーニーです」ってアハハハ。というわけで、冒頭のあいさつから笑わせてもらいました。「じゅん散歩」はじまりましたね。やはり素人いじりの腕はおとろえてはいませんでした。さすが高田純次


しかしこの番組、ときたま編集の加減で、オフの高田純次も垣間みられます。やはりいきなり一般のひとに声をかけられてしまうと、さしもの高田純次もスイッチの入れ替えは急にできないのですわ。素でマジメな顔をして、手をあげてこたえてしまう。それもまた隠れたみどころのような気がします。


最初の散歩場所は有楽町。いちじきワタクシもここらへんで何年か働いていたことがあります。まだ有楽町そごうがあったころでした。とても懐かしかったです。横浜の三越だったところもそうなのですが、デパート閉店後は家電量販店が入るというパターンが多いのですね。


新有楽町ビルは行ったことがなかったのですが、ぜひこんど機会があったら行ってみたいとおもいます。番組ででてきた純喫茶のたまごサンドおいしそうだったなあ。ちなみに純喫茶の意味ごぞんじでした?お酒を出さないで、コーヒーなどノンアルコールのドリンクのみを出すので、純喫茶というのだそうです。


product1_03_img10
知らないのあんただけじゃないの?


知ってましたか。知らなかったのワタクシだけでしたか。失礼しました。