前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

でも路面電車ってやはりいいですよね







DSC01800

前回の日記路面電車は邪魔などと書いてしまいましたが、今でも江ノ電が走っている風景を見ているとなんか安心するのです。千葉は路面電車が走ってなんかいなかったのに、なにか郷愁みたいなものを感じてしまうのです。


車社会なわけですし、このご時世にそぐわない存在なのですが、もし無くなったらそれはそれで寂しいでしょうね。きっと昔からいる横浜のヒトには、路面電車が走っていた風景がいい思い出になっているのではないでしょうか。


また江ノ島にしても函館にしても、路面電車が残っているところには、古い街並みが残っているのですわ。なにか余裕みたいなものが残っているのでしょうね。 でも上の写真の場所、横浜市中区山元町も少しだけれども、まだ古いお店で頑張っているところがあります。


赤電話も懐かしいですね。赤電話って10円しか入らないのですよ。よく10円玉を何枚も握りしめては、好きなヒトにかけたりなんかしていました。不便なんだけれども、その当時は不便だなんて思ってなくて、それが当たり前だったのですけれど。


DSC01804


DSC01805
 

DSC01798