タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

ニベア風呂はアリかナシか


はじめしゃちょーと言えば、YouTubeのテレビCM「好きなことで、生きていく」シリーズにも出演していた人気ユーチューバー。しかし、12月15日に投稿した「ニベアクリームでお風呂作ってみた Nivea creme bath」という動画が炎上。「これはふざけすぎ」「ニベアの無駄使い」など、多くの批判が寄せられる形となっていました。

動画の内容は、「肌荒れがひどいので、ニベアクリームを100個使った“ニベア風呂”に入ってみた」というもの。動画内ではニベアクリーム100個を順に開封し、浴槽へ叩きつけたり、口に入れる、全身に塗りたくるといった様子が収められていました。結局、動画は2日間で140万回以上再生されたものの、コメント欄は「不快派」と「擁護派」が入り乱れて大荒れ状態に。 

人気ユーチューバー・はじめしゃちょーが謝罪 「ニベアクリームでお風呂作ってみた」動画に批判殺到 

ただただ気色悪いしくだらない。だからといってやった本人を名指しで批判しようとも考えない。いやどうでもいいとも言わないけど、なんと言ったらいいのかわからないというか。映像そのものは面白かったし。ヒトがコケるっていつの時代でも面白い。


本人の金で買ったわけだし、ニベアクリームって贅沢品みたいなものだから、もったいないとは考えられないのだ筆者は。 これが食べ物だったら、世の中には食べたくても食べられないヒトがいるのにこれはやっちゃいけないだろってなるけれども。


ちなみに批判された本人は、

「昔から大量買いはやってた」「コーラ風呂を作った時はこんなに批判されなかった」と、なぜ今回に限って荒れたのか、逆に視聴者に質問を投げかける場面も。

というように話しているが、これはたまたまだろう。たとえばダムの決壊というのも最初は小さなヒビからはじまるけど、今回はそのヒビがちょっと大きくて、それで小さなヒビがどんどん出てきてしまったのだ。


しかし昔の芸人仲間であったMEGWINなんかもそうだけれども、youtuberという職業は難儀だ。”好きなことで生きていく”というのはわかるが、常にアイデアの枯渇との勝負なのである。流行が廃れたらすぐに路頭に迷いかねないし。


でもこのはじめしゃちょーという彼の若さとチャレンジ精神というのは、とてもうらやましくもあるのだ。 40過ぎの団塊ジュニア世代として。ただちょっとイジワルなことをいわせてもらえれば、mixiのニュースにもなって、よい売名にはなったなと。