タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

ドヤ街で生活保護をもらってギャンブルをやるニンゲンは死んだほうが世の中のため

大分県別府市が、パチンコ店などに生活保護受給者がいないか調べて回っていたことがわかった。10月に調べた際は、発見した受給者25人のうち数人が調査中に複数回パチンコ店にいたとして、支給額の大半を1カ月間、停止していた。厚生労働省は「調査は適切ではない」としている。

パチンコ店で生活保護受給者調査、支給停止も 別府市 

生活保護受給者はギャンブルをする資格などない。これははっきり言っておく。こういうダメニンゲンにつけ込む方もつけ込む方で問題があるけれども。横浜の寿町なんかすぐそばにボートピアという舟券売り場があったりするし。


あれもふざけた話である。ボートレースといえば昔の日本船舶振興協会、今の日本財団だが、なにが一日一善だと昔のCMを思い出すたびに言いたくなるのであった。福祉車両を寄付しているとか自慢しているけれども要は底辺で収益を回しながら金をかすめ取っているだけの話だ。


またドヤ街で生活保護をもらってギャンブルをやっている方もやっている方で、生活保護で福祉の世話になりながら、福祉に携わる職員に対して「世話してもらって当然だ」という態度のニンゲンが非常に多い。これはドヤ街の施設で働いた経験にもとづいての見解である。


死ねとまでは言わないが、死んだほうが世の中のためになるとは言える。さらにいえばマジメに働いて税金を払っているヒトも報われる。もっとその分の金を有効に使えるのだから。生活保護の受給自体は国民の権利だが、その使い方は制限されてしかるべきなのだ。