前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

ベッキーらしいといえばベッキーらしい謝罪会見







タレントのベッキー(31)と男女4人組バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん=27)の不倫交際が今日7日発売の週刊文春で報じられた。ベッキーは6日夜、都内で会見を開き、恋愛関係ではなく、友人関係であると主張した。

ベッキー、ゲスの極み。川谷との不倫否定…CM痛手 

今日の東京MX「モーニングCROSS」でもこのニュースをやっていたなあ。ゲストコメンテーターの金慶珠さんが、これヤッてますねみたいなことをぶっ放して、司会の堀潤が「番組の見解ではありません!」と慌てていたけれども。


断定はできないし、どっちであろうとどうでもいいという感じなのだが。ただ気になったのが、なんで会見でベッキーはあんなガンギマリな顔になってしまったのか。とりあえず言いたいことはわかったから瞬きしなさいと言いたくなった。


でもベッキーも必死だったのだ。これまで浮いた話もなく、芸能人としてストイックに仕事に取り組んでいるイメージがあったし。 そりゃあ彼女だって30過ぎだし知らないところではお付き合いの一つや二つあったに違いない。それでもうまいことイメージは守ってきたわけだ。


それが今回こんな騒動になってしまい、ダメージをできるだけ少なくするために、地味で清楚な格好をして記者会見を開いて、”潔いベッキー”であることをアピールしたいんだなというのは読めた。いかにも彼女らしいといえば彼女らしい。 


それはそれとして、一連の報道で気になったことが一つ。
元日にベッキーが川谷の故郷長崎の実家マンションを訪れた様子や、2人のLINEのやりとり、ホテルの一室で一緒に過ごしている写真も掲載している。

LINEのやり取りって、こんなに簡単に漏れるものなのだろうか。こんなもの本人が見せたりでもしなきゃ漏れないとおもうのだがいかがなものか。それともLINEって金を出せばこういう情報を報道関係者に見せてくれるのか。疑問だ。


 意味深だ。


 そして今日のライブ告知だ。会場地図