前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

山手線29駅中「最も雰囲気が好き」「ダサい駅」考(前編)







山手線29駅中「最も雰囲気が好き」な駅は?

1位 恵比寿 (えびす) 70票(16.7%)
トップは恵比寿となった。圧倒的に多かったのは「おしゃれ」という声。
「飲食店なども多くてにぎわいはあるのですが、大人っぽい落ち着いた雰囲気も感じられるから」「ガーデンプレイスなどおしゃれな場所に近いから」「歩いている人がおしゃれで上品」など、場所の雰囲気も歩いている人もおしゃれなところに好感を持ったようだ。「来る人の年齢層が極端に若くないし、超高級な街でもなく、バランスがとれている」「ちょっと歩くと閑静な住宅街で雰囲気が良いから」など、単に華やかなだけでなく、二面性を持ち合わせていることもこの駅の魅力となっているようだ。

2位 東京 (とうきょう) 62票(14.8%)
2012年に丸ノ内駅舎の復原工事が完了した東京駅。赤レンガづくりの駅舎は昼と夜とで違う顔を見せる。選んだ人も「赤レンガが高級感あって素敵だと思う」「レトロ感が味わえる」「モダンな感じ」「日常と非日常が混ざっているから」など歴史情緒ある雰囲気に魅力を感じたようだ。他にも「ここが日本の中心だって感じるから」など、日本の首都であることに感慨を覚える人もいた。

3位 新宿 (しんじゅく) 27票(6.4%)
3位には新宿がランクイン。
「雑多な感じが好きだから」「猥雑でよいから」「東京で、一番活気がある」「にぎやか」など、整理されすぎていない街並みや活気がある点が評価された。

4位 目黒 (めぐろ) 25票(6.0%)
目黒は、バランス感に好感を持つ人が多かった。
「自然もあり、渋谷や新宿みたいな混雑もなく、適度にお店もあって便利だから」「住宅地と商業地のバランスが良い」「便利な場所にありながら、比較的閑静だから」など、住宅地と商業地、落ち着きと賑わいといったそれぞれの程よさを支持する声が多かった。

5位 池袋 (いけぶくろ) 24票(5.7%)
池袋は、街で遊びたい人、にぎやかな街並みを好む人に選ばれた。「見どころ、遊びどころが多いので」「にぎやかなので」「活気がある」といった意見が多かった。 
 
 悪いのだが、初デートは恵比寿がいいなんて言ってくる異性は、ニンゲンとしてつまらなさ過ぎてどうかと。実はたいして悪いと思っていないのが始末の悪いところなのであるが。 たぶん合わないだろう。

 なんかくまなくネットで検索して、ちゃんとお膳立てして、私に大人の階段を上らせなさいよみたいな感じがするのであった。以上、イケメンでも東京で働く高収入なヒトでもないので、スルーしていただければ幸いである。

 まあどうせ恵比寿なんていうのは、ロマンティックに酒を飲みたいヤツらが行ってればいいのである。ふだん酒を飲まないこちらとしては。食べログでもチェックして、個室居酒屋で前夜祭を始めていればいいのだ。どうだ。女性とデートするとき恵比寿に行っておけば無難だと考えている男性諸君よ。 

 そもそも恵比寿駅なんていうのは、元はビールを運ぶ貨物駅じゃないか。そんなところなのにたちまちヒトが集まるように開発されて、それに乗せられたヤツが「雰囲気が好き」とか言っているだけなのである。