前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

最近とっても気になっている他人









 「親孝行のしたい時分に親はなし」とはよくいう。そして最近気をつけたいのが、「親孝行のしたい時分になる前に命はなし」になってはいけないということである。何も親にはしてあげられなかったけれど、せめて親より早く死なないようにしようと考えている。

c31524df

 けれどもラーメン二郎へたまに行ってしまう。すべて食べきると、まだまだ自分元気だと確認できるのだった。野菜増しがお決まり。野菜増さないと味が濃すぎて食べられない。もちろん汁なんて残す。いいのだ修行僧ではないのだから。

 そんな二郎のラーメンを毎日のように食べ続けるヒトがいた。だが一か月ほど前に突然ツイッターに冒頭の言葉を残してアクシデントに立ち向かう旅に出てしまった。どんなアクシデントなのかはわからない。

 やはり病気関連なのであろうか。ブログのプロフィール欄に苦手なものは夏って書いてあったから、
けっこうなわがままボディだったのだろう。スープも毎回完飲と書いてあったしなあ。以上、最近気になっている事。