読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和50年代少年のKOTOBASM

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

【アウトデラックス】東国原英夫はいつまで東国原英夫なのか







NHK


 カレが政治家を辞めて久しい。番組でまた立候補しないのかと聞かれていたが、二度としないと言っていた。しないというよりできないのかもしれない。自民党から衆議院出馬を要請されたときにもゴタゴタしたし、維新の党で出馬して国会議員になってもゴタゴタして結局辞めてしまった。

 カレの政治活動をみていると、結局なにがやりたいのかわからないんだな。宮崎県知事も”どげんかする”前に一期で終えて東京都知事に立候補してみたり。あの時は石原慎太郎が出ないと思っていて自信満々で出馬したのに、結局石原が出てしまって落選した。

 要は”自分が常に主役”でトラブルメーカーなだけってこと。公僕として向いていないヒトなんだよね。今でもホリエモン上西小百合とモメているけど。自分が目立つために常にターゲットを探し続けているんだろう。

 いっそのこと政治家をやらないのなら、”そのまんま東”に戻ればいいよと思うけど。それとも文化人でいたいのかな。 かとうかずこみたいなきれいな奥様と別れてまで政治家になったんだから、いまさらお笑いに戻るのイヤかやっぱり。