読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

Kindle作品、無料配信中!(イケダハヤト)







まだ東京で消耗してるの?より


  2016年8月18日現在、イケハヤさんのブログの右下には、このような”無料配信”をうたうコトバが表示されていて、クリックするとカレのkindle書籍のコーナーに飛ぶようになっているわけね。

 ひとこと注意しておきたいのは、無料とは言っているけど、正しくは無料ではないのだよということね。前に書いたこともあるけど、ここであらためて2,3注意点を教えておくよ。

 まず”無料”で読むには、Kindle Unlimitedというものに入らないといけないわけね。


https://www.amazon.co.jp/b/?node=4488502051#faq


月額980円を払えば、12万冊以上の本やマンガや雑誌が読み放題なわけだけど、もうこの時点で”無料”ではないわけさ。しかもクレジットカードが必要なのね。

 そしてもう一つ、”読み放題”だけども、”持ち放題”ではないのさ。いちどにストックできるのは10冊まで。その上で新しい本が読みたい場合は、どの本かを端末から消さなくてはいけないわけさ。

 だからもし気に入った本があったら、紙の本でもkindle端末にダウンロードでもいいから買いなさいって話さ。そのためにこのKindle Unlimitedはあるとおもった方がいいよ。

 ようは本屋で立ち読みする感じで楽しむものなのさ。もう一つの楽しみ方としては、買うまでもないけど、一部の情報はストックしたいときに使うというやり方ね。ブログを書いているヒトにはいいかもしれない。

 ブログというのは、ヒトサマにみせるという側面もあるけど、自分の備忘録に使うという役割もあるからね。とりあえず俺は、Kindle Unlimitedはマンガを読むのに使っているよ。

 まあそういったわけで、ちょっとイケハヤさんの”無料配信中”というのは違うかな、JAROに訴えちゃうぞ!とおもって書いておいたよ。でもうまく使えばKindle Unlimitedは楽しいのではないかな。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、俺は君の傍にいる。