読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

私に電話して下さい。どうぞよろしく。【スタイリー】







健康器具「スタイリー」CMより

 


スタイリー stylee

 

 「すすめ!!パイレーツ」の中でも粳寅満太郎の父親が、ことあるごとにネタでこの「私に電話シテクダサイ。ドーゾヨロシク。」を連発していたね。いつはじまって、いつの間にその終焉をむかえたんだろう。

 それはわからないけど、3人の女性がへんな踊りをしながら歌っていた「スタイリースタイリー」という言葉が、当時子どもだった俺の脳裏に、強烈にこびりついて離れない。

 アメリカうまれなんだけど、なぜか社長はハンガリー人。当時社会主義の国からやってきた社長。なぞは深まるばかりさ。そもそもスタイリー自体がなんだったんだろうね。

 あれだけCMをやっていたんだから、売れたことは売れたんだろうけどね。CMをみていると、かんたんに腹筋が鍛えられそうな感じはするね。いまでいうところのワンダーコアみたいなもんか。

 ずいぶん前に、「あの人は今」みたいな番組で社長を追跡していたのを観た記憶があるよ。そのときはすでにハンガリーに帰っていたみたいだ。いまでもご健在なのだろうか。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、俺は君の傍にいる。