読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

日本のブログはレベル低いのであまり参考にしないほうがいいですよ。はてなブロガーとかみんなウンコですし(イケダハヤト)







ブログで月商100万円稼ぐマインド (イケハヤ書房)より


  このたびそのウンコで書きはじめた俺が通るぜ。道を開けな。イケダハヤトさんはウンコって言っているけど、ライブドアから移ってみると、はてなブログは魅力があるし可能性を感じるんだ。

 やはりブログユーザー同士、つながりやすいというのが大きい。また月いくばくかのお金を払えばPCもスマホも広告が消せるというのも選んだ理由。今載っている広告はクリックすれば、俺にいくばくかのお金が入るようになっているんだ。

 というわけで、君がこのブログを訪れて、ちょっと面白いじゃん、応援してやろうかなって思ったら、PCでもスマホでも広告をクリックしてくれたら感謝感激雨あられゲームセンターあらしだぜ。

 さてイケダハヤトさんについてもふれてみようか。俺はこのヒトが炎上しているのを見かけると、ご活躍なによりって思うね。「はてなブロガーウンコ発言」も含めてさ。表現者たるもの挑発するのって大事だよ君。

 また収益化するためのやり方も、大手に頼らないインディーズな手法に目を見張るものがある。電子書籍出版の「イケハヤ書房」とかね。



ブログで月商100万円稼ぐマインド (イケハヤ書房)

ブログで月商100万円稼ぐマインド (イケハヤ書房)




 



  ひとつこの本に関して言及しようか。マインドっていう言葉は、”汗臭さを払拭した精神論”だと俺は思っているんだ。このひとことが出ただけでモロうさんくさい。

 あの”秒速で一億稼いだ男”与沢翼も、YouTubeで無料で稼ぎ方を教えますとかいって最後のオチにマインドって言葉を出していたもの。一種のお約束。どうせ言うだろと思って試しに見て本当に言ったときには笑ったぜ。

 あいつと一緒にしたらイケハヤさんがかわいそうだけど、マインドっていうのはまあそういう言葉だってことさ。”稼ぐ”とか”好きなことを仕事にする”みたいなセミナーをやっているヤツって言葉は違えど、みんなさいごは”マインド的なもの”にオチを持っていくんじゃねえか?

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、俺は君の傍にいる。