KOTOBASM

言葉を使うようになって、ヒトは”時”を作った。それまではただ目の前にやってくる”生”を生きるだけだったのに、言葉と時制を持ったがために、ヒトはやがてくる死というものに怯えるようになった。

サザエさん症候群

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

f:id:hanpeita1973:20171110171716j:plain

 日曜日の夕方から深夜に「翌日からまた通学・仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状のことを俗称で「サザエさん症候群」という。

 

 

  もうずっと毎週日曜日が休みの仕事に就いてはいないのだが、昭和のころであったら思い当たるフシがある。だが僕の場合はまだサザエさんは時間が早いので、その症状はあらわれない。

 

 あらわれてくるのは大体、日本テレビ系列で19:30からやっていた「すばらしい世界旅行」が終わって、「この木なんの木」のCMが流れてくるあたりである。たかが1時間されど1時間なのだこれが。むしろ子どもから大人に成長していく過程なのだ。

 

 

 いまこの時間は、あの「鉄腕DASH」がやっているが、いまとむかしと比べてみると、いまは芸能人がいっぱい出てくるなあと感じる。もうカオスの様相である。それはそれでいいのだが。

 

 ただひとりでたたずむ日曜日の夜、孤独感のなかにいるとき、久米明さんのナレーションが心地よく心を包んでくれた思い出があって、懐かしく思えるのだった。

 

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、僕は君の傍にいる。