KOTOBASM

言葉を使うようになって、ヒトは”時”を作った。それまではただ目の前にやってくる”生”を生きるだけだったのに、言葉と時制を持ったがために、ヒトはやがてくる死というものに怯えるようになった。

1年生になったら友達100人できるかな?

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

f:id:hanpeita1973:20181205140314j:plain

 いま夜間スクーリングに週2回通っている。通信教育課程といえども、授業に出て単位をとることはできるのである。むしろ僕の場合はおもにこのスクーリングで単位をとりつづけているのであった。

 

  スクーリングというのも、いろいろあって、たとえばその月の土日の4日間、1日かけて集中講義を受けるという方法もあるし、ゴールデンウイークや夏休み期間中に3日間の集中講義を受ける方法もある(4日間よりもさらにぎちぎちなタイムスケジュールになる)。

 

 夜間のスクーリングの場合はそれらよりタイムスケジュールに余裕があって、1日3時間の講義を8日かけてとる。8日あると教室や喫煙所で顔見知りになり、コトバを交わすようにもなってくる。

 

 そうやってせっかく顔見知りになったのに、それっきりになってもということで、名刺なんぞを作ってみた次第である。大学以外でも使えるようにと思って、いろいろと情報を詰め込んではいるし、内容もふざけているのだが。

 

 それでも効果はあって、Twitterでフォローをもらったり、LINEに登録してもらったりもしている。まあなんというか、昔に舞台活動をやっていたときのアピール癖みたいなものが、僕自身まだ抜けきれていないのだ。

 

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸がつづくかぎり、僕は君のそばにいる。