KOTOBASM

言葉を使うようになって、ヒトは”時”を作った。それまではただ目の前にやってくる”生”を生きるだけだったのに、言葉と時制を持ったがために、ヒトはやがてくる死というものに怯えるようになった。

今シーズンのマリーンズにおいてカギをにぎる男

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
高校野球ばかりに注目していたら、今日からシーズン開幕ではありませんか!ことしの小生の予想ではマリーンズ4位です。正直、期待していません。4位になれれば上出来だとおもっております。開幕戦が去年日本一のホークスという、どうせ出鼻くじかれてそのままいくんでしょうパターンでしょう。

べつに最下位であろうが、応援します。しかしあれです。ホークスはいつの間にか強くなってました。そのむかし西武ライオンズの黄金時代だったころ、南海ホークスは、互いに最下位を争っていた不人気球団仲間だったのに。ドカベン香川が川崎球場のダイヤモンドをドタドタ走っていたころが懐かしく感じます。 

それがいまでは、ソフトバンクホークスです。いまをときめくIT企業がオーナーです。こちとらお菓子ですもの。でもよく考えたらパリーグではいちばん老舗のオーナー会社なのです。時のながれを感じます。河島英五の「時代おくれ」という歌が頭の中でリフレインなうです。 

それにしても、ホークスがあの怪物松坂を獲得した裏で、わがマリーンズはエースだった成瀬がFAでスワローズに移籍ということで、まったくあちらより上にいける要素がみつかりません。もはや下駄を履くのを待つまでもない状況なわけなのですが。 

でももし上にいける要素があるとするならば、ひとりの男がカギを握っています。それがこの人。

ph_38_01

イ・デウン投手ではないでしょうか。今年加入の新外国人です。オープン戦をみたかぎりではいいかんじであります。高校卒業後にアメリカにわたり、メジャー昇格はなりませんでしたが、まだ26歳でのびしろはあるようにおもえます。



成瀬より球は速いのは確かです。この人とあとはチェンががんばってくれたら、けっこう戦えそうです。期待せずにあたたかく見守りたいとおもいます。あとこのひとにもぜひがんばってもらいたい。


 
今年育成選手から支配下登録された肘井竜蔵選手、キャッチャーです。兵庫の県立高校からここまではいあがってきました。こういう選手は大好きなので、応援します。エイエイオーからのオイオイエーです。